無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
でぃっく
オーナーへメッセージ

(FF11・他)Distant Worlds を

すべてのFF11プレイヤー(元プレイヤーも含む)、関係者に
この動画(曲)を捧ぐ。



オンラインMMORPGゲーム「FF11」から
アトルガンの秘宝ストーリーのエンディングに流れる曲
「Distant Worlds」をルカ様がHouse調に
アレンジして歌っています。

原曲とは違って、オシャレにアレンジされていますが、
自分はこのアレンジされた曲もアリだと思っています。
このアレンジもいい曲ではありませんか。
(ルカの声の)調整も上手いですし。

この動画は特にピンポイントで紹介
したかったので別枠で紹介することに。  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2009年03月13日 Posted by でぃっく at 14:00Comments(0)Vocaloid

(Vocaloid)第2回MMD杯



3Dポリゴンキャラを自由に表現できるフリーソフト
「MikuMikuDance(以後「MMD」)」を使った
ユーザーイベント「MMD杯」の
第2回目が行われました。

前回は見逃してしまったMMD杯ですが、
今回は追いかけてみると・・・
なんとレベルの高いこと!
かなり見ごたえがありました。

今回は受賞作品を中心に紹介しましょう。



大人の・・・ではなくて若い方のメイコさんです。w
かわいい振り付けですねー。
指先までも細かい仕草をしていますね。
髪やスカートの揺れまで本格的だ。

かわいい曲にかわいい振り付け。
まさにアイドルの王道ですな。



こちらは大人のMEIKO姉さんの方。
声はポリゴンはちょっと残念なのは置いといて、
なんてドラマチックな演出なんでしょう。
曲が壮大なだけに、その壮大な部分を上手く演出しています。
ちょっと荒さが残っていますが、
個人的には全然OKだと思います。
不覚にも涙。



これは非常によく動く!
架空の番組・・・という設定のようだが、
なんなの?この抜群な演出は!?w
本物のロボット・アニメとガチンコで
勝負できそうな仕上がりだ。



曲も動画のエフェクトもとても良いのだが、
エフェクトが激しすぎてネルが隠れてしまってるのが
非常に残念だなぁ。いい出来なだけに。



こ、これはエロい!
ツマンネ・・・じゃないや、タマンネ。w
元ネタは背景にある動画なのだが、
その動きをハクはセミヌードで色っぽく踊っています。
顔の表情が・・・。w
そして元ネタと同じように緑歌詞で胸を隠しています。
ただ、動きは背景の元ネタと完璧にシンクロしていますね。
これはMMDの機能を上手く利用した結果ですよね。

そして最後にKAITO君の背後にいたのは・・・。w



めっちゃ気に入った!
もうMMDの公式ソングに(勝手に)決定。w
もうこの歌詞はMMDで出来る事の楽しさをほぼ全てを
表現してくれていますね。
さすがストリークPです。直球なメッセージです。

キャラクターの動作も地味ながらも
指先、足先の細やかな動きも見事に表現し、
違和感なく楽器を演奏しているように
動いていますね。

自分も試しにMMDを触ってみましたが、
自分でも触ってすぐにでもある程度理解できた
あのソフトの偉大さが非常にわかるだけに、
この歌詞は非常に共感できます。
あとは歌詞にもあった「やる気と根気」があればです。w

そうそう、第2回MMD杯公式エンディング曲に
採用おめでとうございます。
個人的にも嬉しかったですね。



カメラがグリグリと動きますね。
キャラ達に目線も含めて表情が豊かですね。

ちょっと振り付けが変・・・と思うのは自分だけ?w
でも元気に大きく踊っているのは
とてもダイナミックに見えますな。



この物語仕立て、短いながらもハートフルですな。
落ち込む新人さんにおせっかいながらも教える先輩。
そして成功した新人さんが失敗した新人さんに
さらに励ましておせっかいながらもさらに教える・・・。
いい話ですな。
セリフがないながらも非常にわかりやすいですね。
お見事です。

あと・・・なんてなつかしい曲なんでしょう。
それと姉さん・・・そんな踊り普通できませんって・・・。w



この動画はMMDの歴史がぎっしりと詰まっていますね。
コメントで出来事が表示してくれています。
(多分消えないと思いますが・・・)
こうして見ると、まだ1年足らずなのに、
みんなの活気のある活動のおかげで
さまざまな出来事があったのです。
そしてボーン(3Dポリゴンのモデル)も
たくさん登場しました。
それこそVocaloidという枠を超えてまで。

そして最後に・・・阿部さんで油断していただけに、
最後のメッセージは・・・不覚にも大泣きしました。
全てのMMDクリエイターのみなさんに・・・ありがとう。
この一言に尽きる。



これはHideという方の曲なのかな?
(詳しくないんだ。すまぬ。)

なんてかわいいミクなんでしょう。
曲にあわせてミクがかわいく踊っています。
特に手先の表現がかわいいですね。
猫手ダンスがもう可愛くて可愛くて・・・。w



まさに自重していません!w
いいぞ!もっとヤレ!w

・・・と言いつつも、
曲がノリがいいもんでつい・・・。w



タイトルどおりトイレのネタばっかりです。
作者はかなり頭が悪いと見た。www
確かにネタは妙に秀逸なのだが。
最後のオチもシュールだし。

それでも今回は賞とっちゃったもんなー。w



実写の背景に溶け込んでいる点だけでもすごいのだが、
最注目なのは最後のシーン。
ぜひこの動画をくりかえし再生(ループ)
させてみましょう。
踊りもなめらかに、しかもかわいく踊っています。
もういろんな部分の演出が見事です。
もう素人レベルに見えないよ・・・。w



ハートフルな内容ですねー。
まさに冬なのに心がポカポカになりますね。
映像の内容といいBGMといい・・・
見事に家族愛を表現していますね。
なんて理想的な家族なんでしょう。
和みます。



総合部門第1位おめでとうございます。
なんとスピード感があって、多彩な動をもして、
非常に躍動感がありましたね。
ネタがシュールなギャグものながらも、
その破天荒な内容は豪快でしたね。w







まだ紹介しきれなかったのも含め、
ホント今回は全体的に非常にレベルが
高い内容ばかりでした。
こんなにも楽しい動画を
見せてくれるクリエイターの皆様に
心より感謝するばかりです。

今回は本当にすばらしい大会だった思います。
次回があれば、非常に楽しみです。
もちろん追いかけまよ?w  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2009年03月13日 Posted by でぃっく at 13:54Comments(0)Vocaloid

(Vocaloid)2月中でのお気に入りパート7



この曲もカワイイですなー。
ミクはこーいった「淡い恋心」的なラブソングが多いですな。
ミク以外も恋愛関係の曲はそれぞれ特徴が出ていて
面白いですな。



これまたカワイイ曲だなぁー。
これは徹底気にロリポップな曲ですな。
しかも徹底的な背伸びラブソング。
確かにコレはロリジナルだ。w

免疫が無い方は激しい拒絶反応は発症しそうだ。w



うむ・・・いい!・・・声以外は。w
声以外は抜群の世界観ができているのに、
声が・・・残念だ。



どうもこの回のVocaloid関係即売会は
かなりひどかったらしいですな。
賛否両論はあるでしょうが、
こういった形で不満を表現するってことは、
よほどの事だったんでしょうな。






他にももっと紹介したかった曲もあったのだが、
力尽きたのでここまで。
申し訳ない。w

・・・というか長すぎた・・・。(--;  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2009年03月10日 Posted by でぃっく at 16:32Comments(0)Vocaloid

(Vocaloid)2月中でのお気に入りパート6



(現時点で)ルカの歌声はちょっとトゲのある歌声が
多い中、この曲の歌声は柔らかい声をしていますね。
微妙な調節でこんなに印象が変わるもんなんですな。



アニメ映画「天空の城ラピュタ」の主題歌「君をのせて」を
テクノリミックスにしてルカとミクが歌ってくれてます。
この曲も「ネギトロ」です。w

原曲はもっと壮大な曲なんですがテクノにしちゃうと
こんなに軽快になるんですな。
でもかなりイイな。

そしてルカ様の英語パート、ミクの日本語パート
共に調整が抜群です!聴いていて非常に気持ちいいですね。
コレはイイわ!

これは「共演」というより「競演」ですね。
みなさんの好みはどちらですか?w

ちなみにコーラスはリンだとか。気づかなかったヨ!



「これはアリプロ?」というコメントが多数。
確かに曲調は似ていますが、似ているだけで
れっきとしたオリジナル曲なので。w
けど、こういった曲調はルカに似合うもんなぁ。
自分はノリも良くて、とてもいい曲だと思うけどなぁ。



「期待を裏切られたらマイリスしましょう」
というコメントの真意がわからないまま
動画を見ていたのだが・・・。
理解しました。確かに裏切られた。w
マイリスの代わりにここで紹介。www

真意を知りたい方は動画を見てネン。



「ルカルカ★ナイトフィーバー」(紹介したっけ?)
の替え歌がUPされたと思ったら、
早速手書きVPがすでにあるし!w

このゆる~い歌を見事に手書きで表現しています。w



雰囲気や物語仕立ての映像もとてもいいのに、
曲がどーしても「ちょっと失敗したワルツ」に
聴こえてしまうのは自分だけ?
なんかこう・・・歯切れが悪いというか
奥歯にひっかかる感じなんですよね。
非常に惜しいなぁ~。



ハートフルな歌ですねー。
まさにNHK教育番組に紹介されてそうな曲ですな。
わかりやすい歌詞と子供にでも歌えるようにした
音程とリズム・・・それでいてちゃんと今回もメッセージ性もあ

る。
・・・秀逸です。



人気曲「炉心融解」をテクノリミックスしています。
なんかBM2DXにありそうなアレンジですな。
かっこよく仕上がってます。

ところで・・・「煮卵mix」?w



む?これって以前に「ずっと」って曲あったよね。
その曲のリアレンジ版なのか!
なんて壮大なアレンジなんでしょう。
でも清清(すがすが)しいですな。
聴いてて非常に心地いいですな。



バレンタイン・ソングですね。
早口なパートもありますが、
可愛く仕上がっています。

歌詞がかわいいなぁ。
これが「燃え萌える」ってヤツか?w




(・・・パート7へ)  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2009年03月10日 Posted by でぃっく at 16:29Comments(0)Vocaloid

(Vocaloid)2月中でのお気に入りパート5



まさしく90年代のユーロービートですね!
このノリ大好きだな。
「カモォーンッ!」気持ちいいですねぇ。
ただニコニコ動画のネタが入っていたのが残念な点。
100%オリジナルでも十分いけると思うんだけどなぁ。



悪ふざけ第・・・何弾だ?
もう多すぎて・・・。w
なんかこの曲も妙に中毒性があるなぁ。
それでこの手書きPV・・・。w



おぉ~このペアもなかないいですなー。
声の伸びがいいですねー。



退屈なネコの心情を上手くかわいく歌にしています。
だからってソファーで爪とぎはらめええぇぇーー!w



おぉ!この人気曲がルカ様も歌ってくれたのですね!
MEIKOとは違ったスマートな声になっていて、
これまたピッタリと似合っていてかっこよく
なってるじゃあありませんか!

・・・いや、やはりMEIKOに声が似ているな・・・。w
もう少し音程を下げたほうが良かったのかな?
「力のMEIKO、技のルカってイメージ」という
コメントがあったが、確かにそんな感じだな。

さて、この曲でMEIKO、KAITO、ルカ・・・といった
大人3人が歌ったわけなのだが・・・
そろそろ3人で合唱ができそうだな。
期待していいのかな?w



これは陽気で軽快な曲ですな。
まさに居酒屋ソング。w
コレ聴きながら元気よく乾杯できそうだ。

この曲はぜひカラオケで歌ってみたいなぁ。w
JoySoundで投票してないかな?



なんて爽やかな曲なんでしょう。
オイラももっと外に出ないといけないな。w



あら、なつかしい曲。w
そして調整が上手いなぁ。自然だ。
少し音程が高いかな?
でもコレはKAITOのカラーか。



今回のルカ様は英語も得意・・・ということだったので
いずれは海外(英語)の歌も来るだろうな?
・・・と思ったら早速UPされてました。
さて聴いてみると・・・これが予想以上のインパクト!
う、上手い!
モチロンUP主の努力の調節のタマモノなんでしょうけど、
これはスゴいわ。
これが巡音ルカの実力か!?w



声、音程、絵、曲は正直ピンとこなかったのだが、
歌詞を見て鳥肌が立った。
そしてすごく共感してしまった。
曲を一度聴いてから再度この曲のタイトルを見て、
タイトルの真意を理解しました。

なんかルカが発売されてからミクとルカの
ペアが多い気がする。
そのせいもあってか「ネギトロ」と表現する
コメントが多数・・・。w




(・・・パート6へ)  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2009年03月10日 Posted by でぃっく at 16:25Comments(0)Vocaloid

(Vocaloid)2月中でのお気に入りパート4



ドイツのナチス政権時代での悲劇の恋人の歌。
(↑あってる?間違ってたら指摘してね。)
コメントで解説があったのでそれを読みながら
曲を聞いていたら、キレイな歌声に反して内容が
悲劇なもんだから、涙がボロボロ出てきて・・・
最後の1フレースの歌詞で大泣きでした。

重いテーマですが、とてもいい歌です。
この曲はもっと評価されるべき。

解説コメントは消えないとは思いますが、
念のためにここにもメモしておくか・・・。
(コメントよりこのままコピペ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クリスタルナハト=水晶の夜

クリスタルナハトとは
ナチス党員・突撃隊がドイツ全土の
ユダヤ人住宅、商店地域、
シナゴーグなどを襲撃、放火した事件
砕け散った窓ガラスが月明かりに
照らされて水晶のように輝いたことから
水晶の夜(クリスタルナハト)と言われている

1933年:ナチス党内閣が発足

ユダヤ人区画に
厳しい深夜外出禁止令が出された場所も

セム系民族:ユダヤ人アラビア人エチオピア人等

ナチス党が政権を握った後、
断頭台(ギロチン)による処刑が再開された
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1933年って・・・76年前の話なのか・・・
まだ戦争は1世紀前の話ではないんですね。



なんて心のこもったハッピーバースデーなんでしょう。
なんかバースデープレゼントにでも
できそうな歌ですね。
1コーラスだけなのが残念。
ピアプロではフルコーラスがあるらしいのだが・・・
フル版のPVをぜひ希望!




オッサンホイホイなのはわかっているのだが、
思わず紹介。w
もうイントロを聴いただけで感涙モノでした。
そしてミクの歌声・・・抜群のの調整です。
(もちろん元動画アリ)
劇場版のほうでは、
「四半世紀の時を越えて、
初音ミクで再びこの曲を聴けるとは!」
と感動しまくりのコメントが多数でした。
わかるよ・・・その気持ち。w
そして、そのまま「天使の絵の具」へ。w

ちなみに「縦に伸びないよな?」とか
「棒化ロイドじゃあないよな?」と
トラウマなコメントは多分コレかと。w





これもカッコイイですな!
がくぽ殿は本家と同様に高音が得意なんですな。
まぁ・・・そりゃあそうか。w



初音ミク発売初期の頃の人気曲が
フルコーラスになって帰ってきました!

調整も再調整しているみたいで、
格段に良くなっています。

この語りかけるように歌う歌声・・・いいですねぇ。
いやはや本当になつかしい。
本当に「おかえり」ですな。
素朴ながらも素敵な歌です。

そして最後ノメッセージは・・・卑怯だ!(←褒め言葉)



曲もイイのだが映像がスゴいです。
なんてセンスなんだ!



あの円周率ソングにPVが登場。
たしかにこんな数字の羅列を永遠に聞かされたら
気が狂いそうだ。
でもテクノにのせて聞くとなせか心地いいんだな。
PVのセンスはとてもいいと思う。

そしてこのミクは最後は・・・



あの「【鏡音レン】ロリ誘拐【オリジナル曲(違】」のヤツが
またやってしまいました!懲りてません!
反省していません!w
「あり・・・なのか」じゃあねーよ。w



「初音ミクの暴走」など、高速歌詞でおなじみの
デットボールP(略して「デP」)の新曲が
ルカ様で登場です。

今回「も」w歌詞にほとんど意味が
ないような気がします、
が、テンポなどのノリは抜群にイイです。

そしてPVも早速登場。



こうして絵にしてみると・・・
単なる変態だ。w




(・・・パート5へしつこく続きます。すまねぇ。w)  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2009年03月10日 Posted by でぃっく at 16:01Comments(0)Vocaloid

(Vocaloid)2月中でのお気に入りパート3



絵に釣られてはイケマセン!
・・・いや自分も釣られたワケなんだが。w

もちろんメインは曲です。
調整がすごいです!なんて流暢(りゅうちょう)な発音と
キレイなハミングなんでしょう!
非常に心地いい曲になっています。

しかし・・・バイリンガルで帰国子女でバニー
(勝手に設定)・・・万能ですか?w



なんか題名が誤解されそうな名前ですが・・・。w
内容はなんともかわいい
ロリポップ・アイドルのような曲ですな。
音程がかなり高音ですが、なんとかかわいく歌っていますね。



まさにルカ発売直後だから
出せる曲なのかもしれない歌詞ですね。。
心地いいリズミに合わせて
思わず体が左右に揺らしている自分がいた。w



発売されて間が無いせいもあってか、
高音の曲が多いルカ様ですが、
やっと低音の曲が登場。
たしかルカは低音が得意なはず。
ついに真価が発揮されるかな?
個人的には気に入ってるのだが。



つっ・・・釣られたーーーっ!www
さらに「週間Vocaloidランキング」でも
PickUpとして紹介されたのは
イントロ部分だけだったし。w

釣られたと思いつつも最後まで見てみると・・・
これは釣りでもなんでもなく、あの怪しい男どものダンスも
含めて1つの作品なんでは?・・・と思っています。
・・・間違ってないよね?w



「ココロ・・・」でPVを作っていたあの韓国人の方が
「ココロ・キセキ」もPVを作っていたとは・・・!
見逃していた!うかつだった!

PV製作のセンスはもう言うまでもなく秀逸です。
「日本人が嫉妬した!」というコメントに思わず同感。w



なんかニコニコ動画の中でこの「LOVE & JOY」が
ブームになっているらしくその波が
アイマスやVocaloidにも流れてきたようです。
そしてこの動画なのですが・・・動きがすごいんですけど!
そんな中でもあちこちに小ネタがたくさんあるのですが。
ともあれこのダンスの動きは素晴らしいの一言です。

そしてその後に修正版もUPされていました。



基本的には内容は同じなのですが・・・
さらにネタが増えています。w
間違い探しも兼ねて見てみるといいでしょう。



もう、たこルカはなんでもアリなのか?
だって再生数が・・・w
SAN値がぁ~~~~w
(いわゆる「ふしぎなおどりをおどった!
・・・MPがすわれた!」ってヤツです。w)
まさに「クリプトン(メーカー)最大の誤算」w



こ、これって原曲はかんなり古い曲だよね?
そんな昭和チックな歌謡曲をルカ様が
雰囲気をそのまま再現されていらっしゃいます。
調整が抜群に上手いんですけど!

これもクリプトンの誤算か?w
得意ジャンルはジャズ・・・って書いてるのに・・・。w



悪ふざけがさらに悪化。w
さらにさらに・・・



誰だっ!手書きPVなんて作った奴は!?w
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2009年03月10日 Posted by でぃっく at 15:59Comments(0)Vocaloid

(Vocaloid)2月中でのお気に入りパート2



「ココロ・・・」を作ったトラポルタ氏の曲。
なんか「ココロ・・・」に通じる「何か」を感じますね。
まさに「オメデトウ」「アリガトウ」という言葉が
非常に印象的でした。
そして終盤での盛り上がり・・・
不覚にも感動して涙。
最後の盛り上がりが流石です。

トラポルタ氏はこーいったメッセージ性の強い
曲が多いですな。
・・・で、それに共感してる自分がいる。w



実は正月ソング。
紹介がかなり遅れてしまった・・・。(^^;
こんな元気な正月ソングなら1年明るく過ごせそうだな。
いい曲だ。



これはカッコイイ!まるで本家Gacktみたいだ。
もしかしてソレを狙っている?w

ちなみに本家Gacktにも同名の曲があるらしいが、
それとは全く関係ないらしく、オリジナル曲とのこと。

調節も抜群で、高音男性ボーカルの真骨頂ですな。



あの「ペヤングだばぁ~」が
カッコよくアレンジされている!
原曲はあんなの間抜けな曲なのに・・・。w

ところで「ペヤング」って全国ネタなの?



報われません。そりゃあ報われないわなぁ、
アレじゃあ。w
「ワールドイズマイン(アナザー含む)」も
人気もあって多数のPVがUPされていますが、
今回はミクがツンデレ(ツン95%)のPV。
いや、どちらかと言うとKAITOの
変態っぷりがメインのような。w



謎の曲がPVになってる!w
謎ながらもこの軽快なノリがPVでも損なわれていません。
相変わらず中毒性高いなぁ~
つまり・・・深く考えてはイケナイんですよね?w



これはいい!
プレゼントをする本当の意味の1つは
この歌の歌詞に書いてある事なんだろうなぁ。

とてもルカが発売されて2日で作られた曲とは思えない。



某アニメを知っている方ならこのイントロを聴いて
真っ先に「?・・・少女革命ウ●ナ?」と思ったのは
自分だけではないハズ。w
まぁ似てても、この疾走感はいいなぁ。
音程が高すぎる気もしますが・・・。



曲ではなく寸劇ですが、気に入ったので紹介。
絵は「オワタ」のPVを描いた方ですね。
いきなりの出落ちで吹いてしまった。w
面白おかしく約5分があっというまでした。

ちなみにミク、リンレン、ルカの4人だけなのは
Vocaloid2シリーズだからだと思う。
だからMEIKOやKAITOはいないのね。



しっかり「たこルカ」が定着してしまったなぁ。
「はちゅねみく」と同じ道に進みそうだ。

で、肝心の英語ですが、さすがですな。
しかし最後は・・・。w




(・・・パート3へまだつづく。)  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2009年03月10日 Posted by でぃっく at 15:56Comments(0)Vocaloid

(Vocaloid)2月中での気に入った曲&動画

久々のブログ更新です。
ブログの更新をサボっちゃってゴメンです。
だって面倒くさく・・・書いておきたいネタが
なかったもので。w
まぁ自分のメモ帳も兼ねているので、
これからも自分のペースで更新していこうと思います。

Vocaloid関係の日記は、
以前は約1週間ごとに日記を書いていたのですが、
いつも記事内容がそれなりに少なかったので
「これからは月1回ぐらいで書いていけばいいかな?」と
思ってたのですが、
この2月は「巡音ルカ」の発売直後ということもあってか、
紹介したい内容がてんこもり!
まさかこんなに大量な記事になってしまうとは思わなかった。w

・・・というわけで今回は適度に分割した記事になります。
無計画で申し訳ない。w





いきなりこんな曲で申し訳ない。
まぁ恒例行事ですし。w

しかし、おもいっきり病んでいますね。
シュールすぎる。w
「【勝手にPV】しねばいいのに【っぽいもの】」
といい・・・相変わらず兄さんは
仕事を選んでいない模様。



レンが疾走感のあるカッコイイ歌を
歌ってくれています。
軽快な太鼓のリズムと伸びのいいレンの声が
男らしくながらもスマートに感じます。
この伸びある声は聴いてて気持ちいいですね。



やってきました第3作目。
作品を重ねるたびに歌詞が秀逸になってきています。
がくぽも加わりさらに悪ふざけが悪化しています。w
替え歌なんだけど・・・歌詞が上手すぎです。



歌ではないのですが、
KAITOとミクがノーパソ1台の前でマッタリと
動画を見ています。
そしてこのKAITO君は・・・どこかズレているようです。w



Vocaloid年長組のMEIKO、KAITOのペアによる曲。
和楽器を使っているせいもあってか、
和風な曲調ながらも、少しアップテンポな曲になっています。
このペアの歌声は定評あるだけ安心して聴けますなぁ。
もちろんUP主の努力もありますよ。

でもKAITOの声が高音がキツそうだな・・・いい曲なのに。



MEIKO姉さんの十八番、ロックをベースにした
メロディアスな曲です。
やっぱり姉さんの声はロックが似合いますな。
声の調整も見事で、カッコイイです。

ところで・・・UP主の奥さんは
評価してくれなかったのね・・・。w



「みくみくにしてあげる」をアコースティックギターで
まったりと歌っています。
これが非常に心地いい。
後半ではハクとのデュエットも絶妙で、
まったり聴いていました。
(厳密にはミク2人なんでしょうけどね。w)
ハクってギターで演奏できたんですな。
さすがミュージシャン。

余談:ハクに対して「ツマンネ」は褒め言葉です。w



原曲はミクとKAITOのペアなのだが、
この曲も人気があって様々なペアで歌っていますが、
本家以外ではこの兄弟のペアが一番人気のようですな。
リンもレンも伸びのある声で子供の声ながらも
カッコイイですな。
歌詞が同じでも声色が違うだけでも微妙に意味が
変わってしまうかも?w



テクノポップ調の心地いいリスムが印象的でした。
ミクの声もオールラウンドな声になってきなたぁ。



この疾走感のあるデジロックは・・・
まさに「西川節」もとい「西川ミク」。w
個人的にはミクよりレンやKAITOといった男性に
歌わせたほうがよかったと思うのですが。
ソフトを持っていなかったのかな?



(・・・パート2へつづく)  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2009年03月10日 Posted by でぃっく at 15:50Comments(0)Vocaloid